asaws

みなさんとご一緒に、古の人たちは麻をどのように使っていたかを考えたいと思い
ます。麻で縄を編み、穀物を煮るのに使った土器に縄文模様を描きました。どのよう
なものか作ってみたいと思います。

後の時代には、祭祀に使うために神聖な麻を注連縄として使いました。今は形が変
わっているかもわかりませんが、使い続けています。麻で作ればどのような注連縄に
なるのか、作りながら、いにしえに思いを巡らしたいと思います。

【各ワークショップ特設イベントページ】
「麻縄作り〜ロープやしめ縄をなう〜」
https://www.facebook.com/events/579170528874666/

「縄文ぐい呑み作り」
第1回https://www.facebook.com/events/924842594327099/
第2回https://www.facebook.com/events/169222423483031/

 

*吉野川市アメニティセンターが主催する「本当にすごい!!阿波忌部」の補講として企画しました。
併せて、ご聴講く ださい。

詳しいチラシと申込書(2ページ目)はこちらから>麻ワークショップチラシ/申込書
お問い合わせ:吉野川市アメニティセンターまで
申込先:申込書に必要事項をご記入の上、FAXをお送りいただくか
縄文焼き担当0883-42-6611までお電話いただきお申し込みください。

電話 0883-42-6611 FAX 0883-42-6510
営業時間9:00〜21:30(水曜日を除く)